記事一覧

プラダ×アディダスのコラボスニーカー

プラダ(PRADA)とアディダス(adidas)のコラボレーションスニーカー「A+P ルナ・ロッサ 21(A+P LUNA ROSSA 21)」に新色のグレーとブラックが登場。2021年7月19日(月)よりプラダ一部店舗ほかにて発売される。なお、アディダスアプリでの販売については抽選制。

プラダ×アディダスのコラボスニーカーに新色、グレーとブラック

2020年12月にホワイトバージョンが発売された、プラダとアディダスのコラボレーションによるスニーカー「A+P ルナ・ロッサ 21」。セーリングスポーツのインスピレーションのもと作られたこのスニーカーは、ライフスタイルバージョンと、本格的なセーリングスポーツ用モデルの2パターンが展開された。

新作では、グレーとブラックが登場する。グレーは、セーリング競技のために開発され、プラダ・カップの勝者として注目を浴びたセリングチーム「ルナ・ロッサ プラダ ピレリ チーム」が着用したモデルのライフスタイルバージョン。一方、ブラックは、両ブランドの歴史にオマージュを捧げ、繊細なカラーリングでまとめられた。

優れた柔軟性と通気性、防水性を実現したアッパー

「A+P ルナ・ロッサ 21」は、まるで素足のように柔軟な履き心地。アッパーの素材には、高性能のリサイクル素材PRIMEGREENを用い、疎水性を高めるE-TPUアウターシェル仕上げを施した。柔軟性と通気性に優れ、高いサポート力を発揮するとともに、防水性も兼ね備えている。

また、人口工学に基づいて設計された、足を包み込むようなEVAのシュータン、パーフォレーテッドの柔らかい人工スエードのインナーサドルが、履き心地の良さをより確かなものにしている。

優れた耐久性を誇るソール

ソールには、パーフォレーテッドのBOOSTミッドソールとラップアラウンドのアウトソールを採用し、優れた保護力、耐久性、自由な動きを叶えた。そのほか、ほどけにくい特別仕様のシューレースも魅力だ。