記事一覧

ロレックス「デイトジャスト 36」2021年新作

ロレックス(ROLEX)が、「パーム」と「フルーテッド」モチーフの新しいダイアルを備えた「デイトジャスト 36」の新モデルを発表。

クラシックウォッチの典型、ロレックスの「デイトジャスト」

ロレックスの「デイトジャスト 36」は、クラシックウォッチの典型ともいえるモデル。1945年、ダイアルの3時位置の小窓に日付を表示する初の自動巻防水クロノメーター腕時計として誕生し、高い機能と流行に左右されないデザインが長年愛されてきた。
映画 時計
「パーム」と「フルーテッド」モチーフのダイアルを備えた2021年の新作

2021年の新作では、植物が生い茂る色鮮やかな熱帯林を想起させる「パーム」モチーフのダイアルを採用したモデルと、ブランドを象徴するスタイルのひとつである、ロレックスのベゼルに見られるデザインをとりいれた「フルーテッド」モチーフをダイアルに採用したモデルを展開する。

「パーム」モチーフの1つ目は、堅牢性に優れるオイスターブレスレットを備えるオイスタースチールモデル。ダイアルには、パームの葉そのものを彷彿とさせるオリーブグリーンを合わせた。

また、1933年にその名が登録されて以来、ロレックスの特徴ともいえるイエローロレゾールのブレスレットを備えたモデルでは、パームモチーフのゴールデンダイアル、また、よりエレガントな5列リンクのジュビリーブレスレットを備えたエバーローズロレゾールモデルのバームモチーフのシルバーダイアルもある。


「フルーテッド」モチーフを採用したのは、ゴールデンダイアルにジュビリーブレスレットを備えたイエローロレゾールモデルだ。

「キャリバー 3235」を搭載

「デイトジャスト 36」の新モデルには、ロレックスが2015年に発表し、2018年よりこのモデルに搭載している完全自社開発・製造のムーブメント「キャリバー 3235」が搭載されている。パワーリザーブは約70時間を誇り、精度、パワーリザーブ、耐衝撃性と耐磁性、利便性と信頼性において高い性能を発揮する。